サービスコンセプト 数字から経営の未来を読み解くCFOが日本の企業文化を変革する 将来のCFOを育成して輩出する

CONCEPT 1会社に利益が残らない… 今のままで、会社は存続できますか?日本企業が抱える3つの問題

事業の利益率が低い

どんなに事業を拡大しても、利益が残らない。そんな課題を抱える企業は少なくありません。100年続く企業には、利益を残せる体質が必要不可欠です。

1人あたりの生産性が低い

日本は1人あたりの労働生産性が、先進国の中でも、非常に低いことが数字で明らかとなっています。残業や、過剰労働、1人あたりの売上高の低迷は常に経営の課題です。

財務を読める人材がいない

日本では、財務・経理の部署が経営管理と切り離されていることが多く、数字を読める経営陣が多くありません。自社の財務を分析し、経営戦略・経営管理までできる人材が圧倒的に不足しています。

CONCEPT 2NEXT CFO アカデミーで養う6つの力

財務会計の基礎知識

財務戦略を駆使し、優れたCFOとして活躍し得るための、財務会計の基礎知識を習得します。 財務諸表を作成、読み取る能力を養いCFOとしてのキャリア形成に必要な要素を身につけます。

事業計画書の策定スキル

『会社のあるべき姿』を描き、経営目標を達成するための具体的な計画を策定できるスキルを身につけます。 会社の将来像とそこに至る道程を示す、事業計画書が作成できるようになります。

自社の経営分析と外部環境変化を予測する力

自社の商品、サービス、販売、組織、財務など、多岐に渡る内部分析と、経済、業界、競合他社などに起因する外部環境の分析と予測ができるようになります。

経営目標と経営戦略を立てる力

自社の現状を分析し、中長期的な目標を定め、さらにその目標を具体的な経営戦略へと落とし込むことができるようになります。

販売計画・生産管理を理解する力

経営戦略を実行するため、年次・月次・週次の販売計画の具体的な作成方法を学びます。 また販売計画に伴って、品質・コスト・納期を追求するために、生産管理を理解します。

会社を存続する「カネ」を回す力

会社は最終的に「カネ」が回ることで、成り立っていきます。すべての詳細な計画は「カネ」が回ることで立証されます。 「資金ショート」を起こさないための、運転資金の把握や、事業拡大に必要な資金調達について学びます。

CONCEPT 3生き残る会社はもう始めている、次世代のCFO育成

日本を変革するCFOが「つながる場」

CFO SALON / CFO Seminar つながる場

経営者の目を養う「学びと議論の場」

CFO’s Eye for Leader / CFO’s Eye for Manager  学びと議論の場

次世代のCFOを生む「知識習得の場」

Feasy 知識習得の場